$11M調達したGoldfinchの仕組み / Polkadotのステーキングデリバティブ

#183 Bspeak! 2021年6月21日号

■ Last Week in Crypto

1.Lending Startup Parallel Finance Raises $2M to Bring More DeFi to Polkadot, Kusama

Parallel Financeが$2Mを調達しました。Pantera Capital、Polychain Capital、Hypersphere Venturesなどが投資をし、DOT/KSMの貸し借りができるプロトコルを開発して、Polkadot/Kusama上のDeFiを拡大していきます。

このParallel Financeの特徴は、PolkadotとKusamaのトークン保有者が、DOT/KSMのステーキングとレンディングを同時に行える点です。

例えばDOTを持っている人は、DOTをParallelプロトコルに預け、代わりにxDOT(将来、DOTと1対1で交換できる「先物トークン」)を受け取ることができます。Parallelは、ユーザーに代わってDOTをステーキングし、ブロック報酬を得ることができます。

同時に、ユーザーはParallelのxDOTレンディングプールにxDOTトークンを供給することができ、貸し出しの利回りを得ることができます。これにより、名の通り「パラレル」(ステーキングとレンディング)の利回りを得ることができるようにします。

DOT/KSMのステーキングを検討しているユーザーにとって魅力的な選択肢となり、流動性を増やすことにもつながります。またParallelは今後、金利スワップや分散型の信用格付けシステム、パラチェーンオークションのためのゼロ担保・固定金利ローンを提供する予定になっています。

 

セキュリティの話

またParallelのような方法であれば、Polkadotのセキュリティを犠牲にしないで流動性を保つという役割もあります。

どういうことかというと、いくつかあるDeFiの選択肢の中で、DOTレンディングの利回りが、DOTステーキングの利回りよりも高い場合、ホルダーはより高い利回りを得るためにDOTトークンをアンステークしてレンディングに回すことが想定されます。

そうすると、Polkadotネットワークにステークされる金額が下がり、Polkadotのセキュリティが低下します。これはステークされている金額が低くなると攻撃コストが低くなるためです。

Ethereum2.0でも同じ議論があり、Ethereumでは Lido や StakeWise などの関連プロジェクトがすでに立ち上がっています。

これらは、Liquid staking や ステーキングデリバティブ などと呼ばれる解決策ですが、DeFiの選択肢が多くなった後のPoSのチェーンでは、セキュリティを犠牲にしないで流動性を保つという意味で大切な役割になる可能性があります。

今予定されている稼働タイミングで考えると、ETH2.0よりもPolkadotが最初にその状態になると思います。

 

2.Keep, NuCypher communities back protocol merger plan on Ethereum

Keep NetworkとNuCypherが合併する提案がされていましたが、先週投票が行われ、提案が承認されました。

YearnエコシステムのPickle Finance合併のように、スマートコントラクトの合併する動きは以前ありましたが、それぞれノードをもつ分散ネットワーク同士が統合するアップグレードは史上初かと思います。

NuCypherの投稿によると、「KEaNU」という名前の合併計画が発表されています(KEEPの「KE」+ NuCypherの「NU」でKEaNUですが、キアヌ・リーブスが画像になっているので、キアヌと読むのだと思います)。

計画は、「KEaNUのステークコントラクトと、既存のNUとKEEPのステークを受け入れるための関連アダプター」を開発することが書かれています。また今後お互いのコミュニティは、KEaNUのDAOのガバナンスをどうやって進めていくかを詰めていくことになります。

そして「T」というトークンが作られ、そのうちの10%がDAOのために確保されます。残りは、NyCypherのトークン保有者とKeepのトークン保有者に半分ずつ配分される予定になっています。

合併後の新プロトコルは8月に稼働する予定になっていて、開発される最初のものは、Keepの開発しているtBTCのより資本効率の高い tBTC v2 です。

 

DAOのM&A

プロトコル開発チームの合併でいうと、先週The GraphのチームがStreamingFastというチームに$60M分のグラントを出し、The Graphコア開発に参加するという発表がありました。(参照:StreamingFast joins The Graph ecosystem as a Core Developer team

今後プロトコルのトレジャリーを使ったM&Aも普及していくでしょうし、ベンチャー投資も増えていくと思います。そう考えるとDAO向けのサービスも大きくなりそうです。

 

3.Goldfinch raises $11M from Andreessen Horowitz to build the next phase of decentralized credit

過剰担保を必要としないレンディングプロトコルのGoldfinchは、$11Mドルの資金調達を完了しました。

a16zに加えて、Mercy Corps Ventures、A Capital、SV Angel、Access Ventures、Divergence Ventures、また元CoinbaseのCTOであるBalaji SrinivasanとMessariのCEOであるRyan Selkisも参加しています。

Goldfinchについて以前にも書いたときには、過剰担保を必要としないローンをすでに提供していましたが、今では7カ国(インド、インドネシア、メキシコ、ナイジェリア、シンガポール、タイ、ベトナム)の借り手にローンを提供しています。

また同じタイミングで、ホワイトペーパー1.0版も先週公開され、独自トークンGFIの導入と、拡張した仕組みを発表しています。

新しいモデルでは、過剰担保を必要としないローンを実現するために、分散的に借り手の信用力を評価します。 どうやって評価するかですが、流動性提供者とは別に資金提供をする「バッカー」(図の右下)の人たち、またAuditor(後述)と呼ばれる参加者が、借り手を評価します。

 

登場人物

仕組みを整理するために、Goldfinch上の登場人物と要点を以下にまとめます。

  • 借り手・・・Goldfinch上で資金を借りたい人。借りるためには、GFIトークンをステークして、Auditorによる審査を通る必要があります。どれだけステークする必要があるかというと、Auditorの定めるコストの2倍ステークする必要があり、半分はAuditorが報酬として受けとり、半分は借り入れた資金を返済した際に取り戻せるようになっています。

  • Auditor・・・GFIトークンをステークし、借り手を受け入れるかどうかを審査、投票することで報酬を得ます。最低要件以上のGFIをもっていれば誰でもなることができ、投票がリクエストされるたびに、9人のAuditorが選ばれます。ランダムに選ばれますが、確率はGFIのステーク量に基づきます。投票で正しいほうに投票すると、報酬が得られます。

  • バッカー・・・借り手を評価して資金提供をし、より高い利回りを得ます。また他のバッカーにGFIをステークして、評価します。

  • 流動性提供者・・・流動性提供をして受動的な収入を稼ぎます。

 

バッカーのステーキング

バッカーはGFIトークンを、他のバッカーにステーキングすることができます。ステークされた側のバッカーは、GFIの量に基づいて資金プール(図でいうシニアプールという資金プール)からレバレッジをかけることができ、利回りを高くすることができます。

GFIがバッカーにステークされている場合、そのGFIは、債務不履行(デフォルト)の際の担保として機能します。資金提供している借り手プールがデフォルトに陥ったとき、そのプールのすべてのバッカーにステークされたGFIは、返済が完了されるまではシニアトランシェという別の資金プールに再配分されます。これにより、バッカーは安全な借り手プールに資金供給している他のバッカーにGFIをステークようにインセンティブ付けされます。

また他のバッカーにステークするとGoldfinchプロトコルから、GFI報酬がもらうことができます。どれだけもらえるかは、ステークした先のバッカーが得る利回りに比例して配分されます。そのため、高利回りの貸し手に資金提供している他のバッカーに出資するインセンティブとなります。

ローンチ後は誰でもバッカーになることができますが、初期はプロトコルからGFIが配布されるという報酬があり、早期バッカーが募集されています。

 

4.Peter Thiel, Alan Howard back BitDAO's $230 million raise to grow DeFi

BitDAOというDAOが、ピーター・ティールのFounder Fundなどから$230Mドルの資金を調達しました。他にもPantera Capital、Dragonfly Capital、Jump Capital、Spartan Group、Fenbushi、SynthetixのKain Warwickなどの有名な投資家が参加し、トークンセールという形での調達になります。

BitDAOの最初の貢献を発表しているのは取引所のBybitで、Bybitの先物契約の出来高の2.5ベーシスポイント(0.025%)をBitDAOのトレジャリーに提供することを約束しています。

これらの財源を使って、DeFiプロジェクトに助成金や流動性を提供したり、研究開発センターを設置して、DeFi分野の成長を促進していく予定になっています。さらにこの研究開発センターでは、数百人の雇うことを目指しているとのことです。

 

5.Umee raises $6.3 million to fuel push to become 'cross-chain hub' for DeFi tools

Cosmosを開発するTendermintにいた人が始めたプロジェクト Umee が、PolychainやCoinbaseなどから$6.3Mドルを調達しました。

その他にも、ConsenSysのJoe Lubin、Tendermint、CMS、IDEO Colab、Brian Kelly Capital Management、Alameda Research、Argonautic Ventures が支援しています。

クロスチェーンのDeFiハブを目指し、異なるチェーンやプロトコル上で使えるDeFi用ツールを開発しているようです。主にCosmosとIBCを利用し、

  • クロスチェーンの利回り

  • マルチチェーンのステーキング

  • チェーンをまたいだレバレッジ

などが実現できる予定で、メインネットのローンチ時期は2021年3Q-4Qになっています。

 

6.Ramp raises $10.1M to make crypto useful and accessible

法定通貨→クリプトへのオンランプに特化した決済インフラを提供するRampは、NfXとGalaxy Digitalがリードのラウンドで$10.1Mドルを調達しました。

TransferWiseの元CEOであるTaavet Hinrikus氏、Coinbaseの元CTOであるBalaji S. Srinivasan氏、Dapper LabsのCEOのRoham Gharegozlou氏、AnchorageのCEOのDiogo Monica氏なども参加しています。

「クリプトのためのPayPal」サービスと自称していますが、新規参入者にとってシンプルなものにすることを目指しています。

取引所やマーケットプレイス、ウォレットアプリなど上記のようなサービスを提供し、ユーザが簡単にフィアットからクリプトに変換できるようにします。基本的には "次へ "ボタンを2、3回クリックするだけで、完了するようになっています。

またRampは、取引のリスクに応じて本人確認の度合いを調整することで、オンランプのプロセスをなるべくスムーズにしようとしています。例えば、少額のNFTの購入などは、ネット接続での銀行口座の確認だけで済み、大量のクリプトを購入する場合は、IDスキャンや資金証明の確認などの追加要件が必要になることもあるようにしています。

 

7.Switchboard raises 3.5MM seed and announces Solana Mainnet Beta

Switchboardは、Solana上でコミュニティが管理するオラクルネットワークを開発すべく、$3.5Mドルを調達しました。

投資家はLemniscapがリードで、CMS Holdings、Taureon、Alameda Research、MGNR、Collab + Currency、Divergence Ventures、Zeal Capital、SCC Investments、JST Capitalなどが参加しています。

Switchboardは、Solana上のDeFiプロジェクトに利用されるオンチェーンのデータフィードとオラクルを構築しています。価格に加えてあらゆる種類のデータフィードを含むそうです。また今回の増資の一環として、メインネットのベータ版を発表し、ユーザを募集しています。

 

8.Decentralized derivatives platform SynFutures raises $14 million

デリバティブAMMのSynFuturesが、Polychain CapitalがリードのシリーズAでさらに$14Mドルを調達しました。Framework、Pantera Capital、Bybit、Wintermute、CMS、Kronos、IOSG Venturesが投資に参加しています。

SynFuturesについては、最初の資金調達のときに少し書きましたが(参照:Bspeak! 2021年2月8日号)ユーザーが任意の満期日の資産の取引ペアを追加したり、独自の先物契約をリストアップしたりすることができます。現在、クローズドでユーザーを募っていて、来月にはメインネットにローンチし、公開する予定になっています。

 

9.PARSIQ Secures $3M in Funding Round

PARSIQが$3Mを調達しました。このラウンドでは、Solana財団とAxia8 Venturesなどが支援し、またFacebookのNovi(旧Calibra)のリサーチ・ディレクターであるEvan Chengも、個人投資家としてこのラウンドに貢献しています。

PARSIQは、2019年にパブリックトークンセールで資金を調達していますが、今回初めて機関投資家から資金を集めました。

PARSIQは、ブロックチェーン上で起きたことをオフチェーンのアプリやデバイスに接続します。簡単な例は、「あるアドレスにBitcoinが送信されたら、Telegramで通知する」などです。

チェーン上のトリガーをカスタマイズして、オフチェーンでの実行に繋げることができ、ブロックチェーン情報を既存ビジネスに統合することを容易にしています。

 

10.Security Audit Firm Raises $5.3M From Funds Investing in Polkadot, Cardano Blockchains

ブロックチェーンセキュリティ監査機関のRuntime Verificationは、$5.3Mドルを調達しました。

IOSG Venturesがリードで、Hypersphere Ventures、CardanoのcFund、Tezos Foundation、Elrond Research、AlgorandのアクセラレータであるBorderless Capitalからの投資が含まれています。

2010年に設立されたRuntime Verificationは、数学的検証を用いて仮想マシンやスマートコントラクトのセキュリティ監査を行っています。

 

11.CNN MAKES MOMENTS FROM HISTORY AVAILABLE FOR PURCHASE WITH NFTs

CNNが、「Vault by CNN」という名前のサービスでNFT市場に参入します。歴史からの瞬間を集めて、FlowブロックチェーンでNFTを発行します。

最初のローンチでは、6月下旬から毎週6回、歴史的瞬間のNFTを提供する予定になっています。提供されるのは、米国の大統領選挙、世界史の重要な瞬間、CNNの初期の独占映像、などと発表されていますが、今後さらにトピックを広げていくことになっています。

また購入者は、自分のNFTをCNN Vaultのユーザーページに表示することができ、また一部NFTには、動画を表示できるケースが付属されるそうです。このケースは Infinite Objects との連携なので以下のようなイメージかと思います。

 

12.Music-Focused NFT Marketplace Raises $4M From Cuban, Kutcher, Dapper CEO

NFT Geniusは、シードラウンドで$4Mドルを調達しました。Flowブロックチェーン上にNFTのマーケットプレイスを開発する予定です。

このラウンドには、Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou氏や、Anthony Pompliano氏、Mark Cuban氏、俳優のAshton Kutcher氏などが参加しています。

NFT Geniusは音楽業界がメインのNFTマーケットプレイスです。音楽業界といえば、最近ではストリーミングが中心になってきていて、どれだけ再生されたかがマネタイズにとって重要な指標になっていますが、NFTによってレコードやCDのようにあったコレクター性を取り戻して、アーティストと熱狂的なファンが繋がるようになるかもしれません。

またNFT Geniusは今後、スポーツ、ゲーム、コメディーにもNFTを導入していくようです。 


以下の『Subscribe』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

ぜひシェアお願いします🎉🎉

Share


☕ Twitter:@CoffeeTimesTW

☕ メール:thecoffeetimes871@gmail.com

☕ バックナンバー:

#182 Bspeak! 2021年6月14日号 DogeNFT / LPトークン担保のステーブルコインUND

#181 Bspeak! 2021年6月7日号 NFTドリブンのニュースレター / BTCカンファレンスの話題

#180 Bspeak! Gitcoinの寄付の仕組み / SpaceXに関する保険契約

#179 Bspeak! Eth2.0最初のアップグレード「Altair」/ 投資DAO「Komorebi Collective」

#178 Bspeak! 2021年5月17日号 Gelatoインタビュー/Uniswapグラントwave3

#177 Bspeak! 2021年5月10日号 Mirrorの新機能/ NFT鑑定 UpshotOne/ Uniswap v3 NFT

#176 Bspeak! 2021年5月3日号 Eth2.0マージ後のロードマップ/ Anomaのインターオペラビリティ

#175 Bspeak! 2021年4月26日号 プライバシーアプリが動くAleo / Chainlink 2.0

#174 Bspeak! 2021年4月19日号 Covalentの概要とトークンセール/ Uniswapの新グラントプログラム 等

#173 Bspeak! 2021年4月12日号 FEIで起こっていること/ Parachain Lease Offering (PLO)

#172 Bspeak! 2021年4月5日号 EPNSのAMA / Bakktアプリでできること

#171 Bspeak! 2021年3月29日号 Uniswap v3で実現される機能 / Mina のローンチとセール

#170 Bspeak! 2021年3月22日号 エンジェル投資を加速させるSyndicate Protocol / オンチェーン分析の真相

#169 Bspeak! 2021年3月15日号 流動性提供の自動リバランス / FEI のジェネシス・グループ

# 168 Bspeak! 2021年3月8日号 Ecoのビジネスモデル / NFT に投資するDAO

# 167 Bspeak! 2021年3月1日号 Mirrorのレース / Ethereum の EIP1559とは何か?

# 166 Bspeak! 2021年2月22日号 クロスチェーン通信をシンプルにするAxelar Network / 価格ペグしない安定通貨 RAI

#165 Bspeak! 2021年2月15日号 成果に連動するエアドロップ手法/ クロスチェーンとブリッジ

#164 Bspeak! 2021年2月8日号 デジタル空間のIDレイヤー「CeramicとIDX」/ SynFutures の特徴

#163 Bspeak! 2021年2月1日号マーケット付きNFTを作れるZoraプロトコル/DODOクラウドプーリングの新規性

#162 Bspeak! 2021年1月25日号 MirrorのNFTクラウドファンディング / PowerIndex v2 の特徴

#161 Bspeak! 2021年1月18日号 Feiの価格安定の仕組み/Zapperはトークンを発行するか

#160 Bspeak! 2021年1月11日号 ステーブルコインの3つのリスク/ NFTXのローンチ

#159 Bspeak! 2021年1月4日号NFT*DeFiゲームIlluvium / OpynのGamma protocol

#158 Bspeak! 2020年12月28日号 1inchのトークンモデル/ Furucomboのトークン発行 - Bspeak! - 暗号通貨/ブロックチェーン

#157 Bspeak! 2020年12月21日号 Compoundの独自チェーンの内容/DeFiのクレジット・ネットワーク/ Tornade Cashのトークン

#156 Bspeak! 2020年12月14日 Ethereum通知プロトコルEPNS/ カストディに保険をかける

#155 Bspeak! 2020年12月7日 uGAS先物トークンでヘッジする/ BadgerDAO / Mirror Protocol

#154 Bspeak! 2020年11月30日号 DeFiプロトコル初の合併/ ETH2の目標達成

#153 Bspeak! 2020年11月23日号 MaskのイニシャルTwitterオファリング / USDCを利用した国外援助

#152 Bspeak! 2020年11月16日号 API3はChainlinkキラーか?/ L2資産が担保の融資 Liquid L2

#151 Bspeak! 2020年11月9日号 Eth2へのステーキング/ Arbiswapでロールアップを使う/ GYSRの配布

#150 Bspeak! 2020年11月2日号 Keep3rプロジェクト / トークン配布手法『パラドロップ』

#149 Bspeak! 2020年10月26日号 Audiusの$AUDIOトークン / 固定金利のレンディング市場がローンチ

#148 Bspeak! 2020年10月19日号 Bancorの新しいAMMデザイン/LidoによるETH2.0のステーキング対応

#147 Bspeak! 2020年10月12日号 ブロックチェーンのGoogle『The Graph』のトークン・エコノミクス

#146 Bspeak! 2020年10月5日号 DFININYのトークンモデル / 新しい rally のトークン配布手法

#145 Bspeak! 2020年9月28日号 Flowが可能にするブロックチェーンアプリ/Buyback&Makeのモデル

#144 Bspeak! 2020年9月21日号 トークンの規格化 / Avalancheのローンチ / Uniswapの今後

#143 Bspeak! 2020年9月14日号 BitcoinをDeFiに持ち込む / Ethereumとの互換性をもたせる

#142 Bspeak! 2020年9月7日号 yETHが金利を最大化する仕組み/待望のDeFiの保険

#141 Bspeak! 2020年8月31日号 Polkadotの「DOTトークン」はどう価値を獲得していくのか

#140 Bspeak! 2020年8月24日号『DODO』はUniswapキラーとなるか/ NEARのEthereumブリッジの仕組み

#139 Bspeak! 2020年8月17日号 イーロン・マスクが宇宙の金を採掘するが、Bitcoinの供給は変わらない / $YAM 等

#138 Bspeak! 2020年8月10日号 Uniswapはトークン発行するか/NEARのトークンセール 等

#137 Bspeak! 2020年8月3日号 FTXのデリバティブDEX『Serum』発表 等

#136 Bspeak! yUSDのリリースと流動性マイニング/ETH2.0のレビュー

#135 Bspeak! Republic上の利益シェアトークン/ CoinList Seedの開始

#134 Bspeak! Coinbaseはトークンを発行するのか/ Anchorによる安定金利の貯蓄DeFi

#133 Bspeak! 2020年 7月6日号 Matchaのローンチ / EIP1559がETHの価値を高める

#132 Bspeak! 2020年6月29日号 Avalancheのトークンセール/ Handshakeドメインを名前解決するブラウザ

#131 Bspeak! 2020年6月22日号 Coinbaseロゼッタ発表のねらい / WBTC Cafeのローンチ

#130 Bspeak! 2020年6月15日号 UMAの合成トークンETHBTCと初の清算

#129 Bspeak! 2020年6月8日号 TokenSetのソーシャルトレーダー/DeversiFi2.0のローンチ

#128 Bspeak! 2020年6月1日号 Libraのマネタイズ/プライムブローカーの競争激化

#127 Bspeak! 2020年5月25日号 BlockFiへの攻撃/Bakktのアップデート

#126 Bspeak! 2020年5月18日号 ETH2.0テストネットSchlesi / PoSの自主規制ガイドライン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号 Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

以降もSubstackページからご覧ください。