Avalancheのトークンセール/ Handshakeドメインを名前解決するブラウザ

#132 Bspeak! 2020年6月29日号

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

 

 1.W3BCLOUD Raises $20.5 Million To Rollout a Network of Data Centers Dedicated for the Blockchain Economy

AMDとConsenSysのジョイントベンチャーW3BCLOUDが、$20.5 millionを転換社債で調達しました。Ethereumのデータセンターを構築することを目指しています。データセンターへのグラフィックチップ販売などをしているAMDは最近ビジネスが好調ですが、Ethereum専用のブロックチェーンデータセンター構築に参入するということで、ポジティブなニュースだと思います。またConsenSys側もPegaSysなどの自社インフラ製品を同時に拡大できるという戦略です。

 

2.PayPal, Venmo to Roll Out Crypto Buying and Selling

PayPalは、PayPalとVenmo向けに暗号通貨の売買を展開する計画とのことです。また、ユーザーが使えるウォレットアプリを開発予定となっていて、次の四半期に発表される可能性もあるようです。Venmoがとても便利なので、そのユーザがどれだけ暗号通貨に興味をもつか分かりませんが、若者向けの入り口が広がるので喜ばしいニュースです。

 

3.Proposed Judgment – #241 in Securities and Exchange Commission v. Telegram Group Inc. (S.D.N.Y., 1:19-cv-09439) 

Telegramは、$1.7 billion(1700million)トークンセールについて米国証券取引委員会(SEC)に$18.5 million のペナルティを支払うことで合意しました。また今後3年以内に別の暗号通貨を発行する場合には、SECに通知するという条件がついています。

SECへのペナルティを支払うために30日の猶予があり、投資家への返済には最大4年の猶予があります。

この一件によって、他のSAFT(将来のトークン権利の販売)実施済のプロジェクトも運営がより難しくなっていくと思います。一方で、UMAが行ったようなUniswapによる初期販売や、Compoundが行ったような流動性インセンティブのような配布方法が増えていくきっかけにもなるでしょう。もちろんこのようなトークンの分配や配布方法も、様々なプロジェクトが新しい方法を試しながら模索している段階ではあります。

 

4.Avalanche Raises $12M in Private Token Sale Led by Initialized, Galaxy, Bitmain, NGC and Dragonfly Capital

ブロックチェーン「Avalanche」の開発チームであるAVA Labsは、AVAXのプライベートセールで$12 millionを調達しました。VC企業には、Galaxy Digital、Bitmain、NGC Ventures、Dragonfly Capital、Initialized Capitalなどが参加しました。加えて Avalanche は7月8日からパブリックのセールが予定されています。

最近は、Solana, Celo, Polkadotなど多くのチェーンがEthereumと競争または共存するためにメインネットに登場していますが、Avalancheもこの部類に入ります。

現在のEthereumのネットワーク効果が強すぎるため、新しいスマコンプラットフォームも吸収されるような気がしています。しかしAVA LabsのCOOのKevin氏は、こちらの記事で、AvalancheとEthereumの関係を、ZoomとSkypeの関係に例え、「Skypeが数年先にリードしているにも関わらず、技術によってZoomが勝った」とコメントしています。つまりネットワーク効果も技術によって、後から勝ち取ることができるという気概でいるようです。

 

5.SYNQA, parent company of Omise and OMG Network, raises $80 Million in Series C funding led by SCB 10X and SPARX Group

OmiseGoからリブランドしたOMGネットワークの親会社、SYNQA(旧Omise Holdings)は、トヨタファイナンシャルサービス、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタルなどからシリーズCで$80millionドルの調達を完了しました。今回の資金調達は、エンタープライズ向けの製品などに使われます。

 

6.BAL is live!

Balancerはガバナンストークン「BAL」の配布を開始しました。Balancerは、Uniswapと同様の自動マーケットメーカーの仕組みであるDEXです。

流動性を提供する(コントラクトに資産をロックする)人に対して、配布されています。このインセンティブもあって、ロックされた総額は今月で3倍ほどになっています。利用者の規模からしてCOMPほど盛り上がりはないと思いますが、BALの時価総額もかなり高くなっています。

 

7.The Handshake Browser Reference Client

Handshakeのコミュニティから、HandyBrowserが出されました。新しいブラウザですが、Handshakeドメインでホストされたページにアクセスすることができます。Coinbaseが買収したCipherBrowserというブラウザを開発したチームが主に作り、最終的にはBraveやOperaなどに実装されることを期待しています。

セキュリティと検閲耐性(ついでにドメインの見やすさ)からHandshakeドメインは素晴らしいですが、現状は一般使いするには別の設定が必要で、普及を妨げています。今回のブラウザでは特に設定をせずに簡単に試すことができます。これだけではHandshakeのマスアダプションには足りないかもしれませんが、既存のドメインやDNS構造に取って代わるものではなく相互に運用されるものなので、メジャーなブラウザが対応した際には、一気に広がると思います。 

 

8.USD Coin Comes to Algorand; Centre Announces Multi-Chain Framework 

Circleは、Algorand上でUSDCのサポートを追加すると発表しました。Algorandは、Ethereum以外では初めてのUSDCが発行されるチェーンになります。また今回の統合によって、CircleのビジネスアカウントとCircle APIを使って、銀行やカードからAlgorand上のUSDCに変換することが簡単になります。

 

9.Opensea Twitter

VR空間でトークンを使えるVRプラットフォームのDencetralandは、10日間のアートフェスティバルを開催しています。フェスティバルの一環として、OpenSeaと連携し、VR空間上でアートを展示するギャラリーを設置します。

またOpenSeaで購入可能な限定の新作も発表されているそうです。ちなみにこのNFT×VRは面白いですが、最近USVが記事を書いていたように、NFT×ARがあるとより面白いと思います。すでに始めている方がいればお話を聞いてみたいのでぜひメールをください。

 

10.Tim Draper-backed DeFi platform raises $6.5 million in token sale

実物資産を担保にローンを実現するプラットフォームDeFi Money Market (DMM)は、Gnosis Protocolをつかった「Initial DEX Offering」で $6.5millionドルを調達しました。
DMGトークンは、ガバナンス権を表すトークンとなっています。

DMMでは、利回りはDeFiの他のプラットフォームよりも低いですが、暗号通貨ではない資産を担保としているため、より変動の少ない安定金利を求める貸し手の需要を満たせます。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#131 Bspeak! 2020年6月22日号 Coinbaseロゼッタ発表のねらい / WBTC Cafeのローンチ

#130 Bspeak! 2020年6月15日号 UMAの合成トークンETHBTCと初の清算

#129 Bspeak! 2020年6月8日号 TokenSetのソーシャルトレーダー/DeversiFi2.0のローンチ

#128 Bspeak! 2020年6月1日号 Libraのマネタイズ/プライムブローカーの競争激化

#127 Bspeak! 2020年5月25日号 BlockFiへの攻撃/Bakktのアップデート

#126 Bspeak! 2020年5月18日号 ETH2.0テストネットSchlesi / PoSの自主規制ガイドライン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号 Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

#119 Bspeak! 2020年3月30日号 Uniswapのマネタイズと持続可能性

#118 Bspeak! 2020年3月23日号 FireblocksのCompound統合で、大口がDeFiに流れるか?

#117 Bspeak! 2020年3月16日号 ブラックサースデー、MakerDAO 4億円損失/ 取引所INXのSTO

#116 Bspeak! 2020年3月9日号 DeFi攻撃と、フラッシュローンを簡単にするKollateral

#115 Bspeak! 2020年3月2日号 CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#114 Bspeak! 2020年2月24日号 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

以降もSubstackページからご覧ください。