BitcoinをDeFiに持ち込む / Ethereumとの互換性をもたせる

#143 Bspeak! 2020年9月14日号

■Last Week in Crypto

1.UMA — Announcing the Yield Dollar on renBTC

UMAとRen Protocolがパートナーシップを発表し、ビットコインを担保にしたステーブルコインを発行できるようになりました。

以前説明を書いた通り、UMA上で発行されるステーブルコインは、yeild dollarで「yUSD」という名前でしたが、UMAのuをつけて「uUSD」という名前に変わりました。これは満期日に1ドルで換金可能になる合成資産です。満期までの間は、市場の需要に合わせて価格が変動します。今回の提携により、Renプロトコルを使ったEthereum上のBitcoinトークンである「renBTC」を担保にして、uUSDを発行(ミント)できるようになったということになります。

※今発行できるものは10月1日が満期になるため、トークンの名前は「uUSDrBTC-OCT」になります。

現在、UMAとRenプロトコルは流動性マイニングのキャンペーンをしているため、uUSDをBalancerプールにデポジットする人は、UMAとRENの報酬を得ることができますが、プール自体がBalancerのホワイトリストにも入っているので、BalancerのBALトークンも報酬として得ることができます。

wBTCと比べると、renBTCはまだ利用度が少ない点を考慮する必要がありますが、誰かに頼まず(パーミッションレス)にBTCをEthereum上で動かせる方法が多くなってきました。 

## サマリー

  1. RenBridge でBTCをrenBTCにラッピングする。 もしくはUniswapなどのexchangeでrenBTCを得る。

  2. UMAのツール からrenBTCを担保にuUSDを発行する。

  3. Balancerプールに uUSDとUSDCのペアをデポジットしてBAL + REN + UMA を得る
    ※戻す際はm満期の前にプールから引き下げ、uUSDを償却し担保のrenBTCを取り返し、BTCに戻す

 

2.C.R.E.A.M. Launches on Binance Smart Chain | by Cream Finance | Cream Finance

C.R.E.A.M.(Cream.finance)がBinanceスマートチェーンで稼働しました。CreamはCompoundのフォークで、Ethereum上でレンディングを行うことができますが、今回の統合により、BNB、BUSD、BTC、ETH、XRP、BCH、LTCというEthereumチェーン上以外のトークンも利用できるようになります。

Binance スマートチェーンはEVM互換を持つのでMetamaskで設定をすることができます。これは今月ローンチするAvalancheも同様に互換性を持ち、Polkadot、Cosmos等も取り組んでいます。以前ツイートしましたが、新興のスマートコントラクト・チェーンに関しては、Ethereumと競合(Ethereumキラー)になるよりは、いかにEthereumと互換性をもたせてEthereumフレンドリーになれるかが重要になってきています。

ちなみにCreamでは、トークンを預けて利回りとCreamトークンの報酬を得ることができますが、高い利回りの以下のような方法もあります:

1)ステーブルコインをCurveのステーブルコインプールに預け入れ、yCRVを取得
2)yCRVを Curveの Yプールに年利40~90%で預け入れ、yyCRVを取得
3)yyCRVをCreamに預け入れ
4)yyCRVを担保に USDCを借り入れ(Cream上)
5)そのUSDCで、yCRVに預け入れ

※開始から2ヶ月稼働していてCompoundのフォークとはいえ、コントラクトのリスクはあるので、推奨するものではありません

 

3.1inch partners with TRON for JustSwap and Mooniswap integration

分散型取引所(DEX)アグリゲータである1inch.exchangeが最近立ち上げたEthereum上の自動化マーケットメーカー(AMM)Mooniswapが、TRONのチェーンを統合しました。統合の一環として、TRONはMooniswap上の流動性提供者に追加のインセンティブとしてTRON(TRX)トークンで報酬を与えることも計画しています。TRONベースの分散型取引プロトコルであるJustSwapも1inchのアグリゲータに統合されています。

1inchは先日トークンを発行・配布することを発表していますが、まだ詳細は明らかになっていません。リーガル面の確認と開発面の進捗を待っている段階だそうです。また先日$2.8Mの資金調達をしましたが、さらなる資金調達を計画しています。

長い間トークンなしでユーザを獲得してきたプロジェクトなので、トークンを絡めて今後どのような方向を目指しているのか、個人的に気になっています。予測するのは難しいですが、より開発者側に使われるプロトコルの開発や、異なるガバナンストークンをまとめる(メタガバナンス)などに力を入れて1inchトークンを組み込んだら面白いと思っています。NEARとも関わっているようなので異なるチェーンのアグリゲーションという方向もあります。

 

4.Introducing Global Payouts

USDCを開発する企業Circleのプレスリリースです。企業がCircleのPaymentAPIを統合すると、80カ国以上に、現地の法定通貨での支払いをできるようになります。

以前までは、Circle Wallets APIを使ったUSDCのトランザクションで、最終ユーザに対してドルでの支払いしかできませんでした。今回の新機能を使用によって、支払いを受け取る側が、現地通貨で受け取るか、USDCで受け取るか選ぶことができます。このような「摩擦の少ない価値の移転」は間違いなくニーズがあり、取り組んでいるプロジェクトが多くあります。

 

5.Why We Chose to Distribute PERP Using a Balancer Liquidity Bootstrapping Pool | by Perpetual Protocol

少し前に触れた perpetual protocol が、トークンの配布を行いましたが、Balancer上の新しい仕組みのプールを利用しました。プールのウエイトが時間とともに変化し、その間に注文がなければ価格が徐々に下がり(画像でいうと灰色の曲線に沿って下がり)、ダッチオークションのような形になります。この方式だと、初期に買うと割高になるため、一気に買いが入って価格が一気にあがってしまうことを避けることができます。

このメルマガ配信時ではこのイベントは終わり、通常のBalancerプールとして交換がされますが、Uniswapを使ったIDO(例: UMAのIDO)と比べて初期の加熱がだいぶ抑えられています。

f:id:CoffeeTimes:20200912121541p:plain

 

6.DeFi protocol Linear Finance raises $1.8 million to launch cross-chain synthetic asset exchange

香港に拠点をおく Linear Finance が、クロスチェーンの合成資産取引所を開発するために $1.8Mドルを資金調達しました。今回の資金調達ラウンドは、NGC Ventures、Alameda Research、Hashed、CMS Holdingsなどがリードしています。Binanceスマートチェーンと別のブロックチェーン上で合成資産を作って交換するためのプロトコルを開発します。

 

7.Tether launches on Solana blockchain

Tetherは、Solanaブロックチェーン上でUSDTの発行を開始しました。スピードもそうですが、手数料で大きな利点があります。Ethereumは特に最近Gas高騰が顕著になっていて、最近の平均手数料は1txあたり約2-3ドルですが、Soalanでは0.00001ドルでUSDTを利用できます。

Tether(USDT)は現在、Algorand、Ethereum、EOS、Liquid 、Omni、OMG Network、Tron、Solana上で流通するようになりましたが、近々、別の3つのブロックチェーンに統合される予定になっています。

 

8.Square launches consortium to pool patents and shield against 'lockup'

Twitter創業者ジャック・ドーシーがCEOである決済企業Squareは、暗号通貨(特にBitcoin)にアクティブな企業として知られていますが、今回クリプト技術の特許を蓄積するライブラリを作成し、そのための会員組織(コンソーシアム)を発表しました。名前はCryptocurrency Open Patent Alliance (COPA) で、すでに会員の募集が開始されています。

Squareによると、参加企業が「クリプト関連の技術をオープンソース化し、出し合ってプールにまとめ、成長企業を邪魔するような著作権の利用をしないことを約束する」ことによってクリプト界隈を成長させることが目的になっています。会員企業がお互いの特許を利用することができ、特許攻撃者から防御することができます。

 

9.Binance puts up $100 million to attract DeFi projects to its new blockchain

Binanceは、Binanceスマートチェーンに開発者やプロジェクトを誘致するための新しいイニシアチブを発表しました。総額$100M(約100億円)規模のファンドです。参加者はこのプログラムを通じて最大10万ドル(約1000万円)の資金支援を得ることができます。

DeFi系のプロジェクトをメインとしているようですが、仮に最大額の$10万ドルを全企業に支援するとしても、1000プロジェクトが対象になります。確かに私の観測上でも、Binanceスマートチェーンを採用したり接続するプロジェクトやGithubの提案も増えているので、Binanceが力技でDeFiプロトコルに台頭しよういう姿勢が見えます。0xのGitHubレポジトリでもBinanceスマートチェーンでDEXサポートをしたらどうかという提案がありました(コアチームからの提案ではありません)。

 

10.Mastercard Launches Central Bank Digital Currencies (CBDCs) Testing Platform, Enabling Central Banks to Assess and Explore National Digital Currencies

Mastercardは、中央銀行がデジタル通貨システムを評価できるようにするテストプラットフォームをローンチしました。このプラットフォームは、銀行や金融サービス側、また利用者が連携して、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)の発行→流通→交換をシミュレーションでき、異なるな種類のCBDCのユースケースを評価できます。

 

11.Crypto Exchange Kraken Returns to Japan After Two-Year Hiatus

2018年4月に日本市場から撤退した取引所 Kraken ですが、2年ぶりに日本で運営をすることになりました。同社によれば、日本の子会社であるPayward Asia Ltd.が暗号資産交換業者として登録され、9月中旬にサービスの提供を開始する予定です。最初は、BTC、ETH、XRP、BCH、LTCの取引のみを取り扱う予定になっています。

 

12.Huobi Launches Crypto Saving Products to Compete With DeFi Yield Farming

取引所Huobiは、USDTとBitcoinを預けると、それぞれ8%と3.5%の年利回りが得られる貯蓄の商品を発表しました。この動きはBinanceと同様です。

また新規ユーザーを獲得するために、最初の1週間は高い年率を提供し、かつ合計で30,000 USDTも分けて配布することになっています。やっていることはDeFiプロトコルが流動性提供者にトークンを配布しているのと同様で、オンチェーンで記録し配布しているか、オフチェーンで実施しているかどうかの違いです。今後も取引所がプロトコルの利用を代行し、預かりや法定通貨とのゲートウェイでサービス提供するという動きが多くなっていくと思います。


今月ニュースレター「Bspeak!」は、Matcha にサポート頂きました!🍵


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share Bspeak! - 暗号通貨/ブロックチェーン


Twitter:https://twitter.com/CoffeeTimesTW

☕ メール:thecoffeetimes871@gmail.com

バックナンバー:

#142 Bspeak! 2020年9月7日号 yETHが金利を最大化する仕組み/待望のDeFiの保険

#141 Bspeak! 2020年8月31日号 Polkadotの「DOTトークン」はどう価値を獲得していくのか

#140 Bspeak! 2020年8月24日号『DODO』はUniswapキラーとなるか/ NEARのEthereumブリッジの仕組み

#139 Bspeak! 2020年8月17日号 イーロン・マスクが宇宙の金を採掘するが、Bitcoinの供給は変わらない / $YAM 等

#138 Bspeak! 2020年8月10日号 Uniswapはトークン発行するか/NEARのトークンセール 等

#137 Bspeak! 2020年8月3日号 FTXのデリバティブDEX『Serum』発表 等

#136 Bspeak! yUSDのリリースと流動性マイニング/ETH2.0のレビュー

#135 Bspeak! Republic上の利益シェアトークン/ CoinList Seedの開始

#134 Bspeak! Coinbaseはトークンを発行するのか/ Anchorによる安定金利の貯蓄DeFi

#133 Bspeak! 2020年 7月6日号 Matchaのローンチ / EIP1559がETHの価値を高める

#132 Bspeak! 2020年6月29日号 Avalancheのトークンセール/ Handshakeドメインを名前解決するブラウザ

#131 Bspeak! 2020年6月22日号 Coinbaseロゼッタ発表のねらい / WBTC Cafeのローンチ

#130 Bspeak! 2020年6月15日号 UMAの合成トークンETHBTCと初の清算

#129 Bspeak! 2020年6月8日号 TokenSetのソーシャルトレーダー/DeversiFi2.0のローンチ

#128 Bspeak! 2020年6月1日号 Libraのマネタイズ/プライムブローカーの競争激化

#127 Bspeak! 2020年5月25日号 BlockFiへの攻撃/Bakktのアップデート

#126 Bspeak! 2020年5月18日号 ETH2.0テストネットSchlesi / PoSの自主規制ガイドライン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号 Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

以降もSubstackページからご覧ください。