Coinbaseロゼッタ発表のねらい / WBTC Cafeのローンチ

#131 Bspeak!6月22日号

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

 

1.Introducing Rosetta: Build once. Integrate your blockchain everywhere.

Coinbaseは、Rosetta(ロゼッタ)というブロックチェーン上のオープン規格&ツール(具体的にはAPI)を発表しました。

いろいろなチェーンがRosettaを統合すると、Coinbaseへの上場をより簡単に行えるようになります。さらに他の取引所もRosettaを採用することで、異なるチェーンのトークンの上場や連携がより簡単になります。

現状、各取引所がトークンを上場させるには、ブロックチェーンごとに動作が違う場合は、それぞれのインターフェースを独自に構築する必要があり、時間もコストもかかります。RosettaのようなオープンソースのミドルウェアAPIがあることで、統一され、メンテナンスの負担も軽減され、取引所が新しいトークンをリストしやすくなります。

また上場という話だけでなく、開発者がウォレットやアプリケーションなどを作る際も、異なるチェーンのトークンをより統合しやすくなります。そういった意味でCoinbaseがオープン化しているのは、界隈全体にとって素晴らしいことだと思います。

Coinbaseとともに開発を進めているのは以下のチームですが、Rossettaの統合とともにCoinbaseにリストされる可能性が高いと踏んでいます。

  • Filecoin

  • Celo

  • Near

  • Oasis

  • Coda

  • Ontology

  • Kadena

  • Handshake

  • Blockstack

  • Sia

 

2.WBTC.Cafe is now on Mainnet - Ren Project - Medium

Renは、CurveとWBTCと提携し、仲介者やKYCを介さずに、BTC ⇛ WBTCに交換できるサービスの「WBTC Cafe」をローンチしました。ユーザーがWBTCを手に入れることもできますし、DeFiアプリがアプリ上でこの変換を抽象化し、あたかも「ビットコインを利用してEthereum上のプロトコルを使っているように見せる」こともできます。

どうなっているかというと、ネイティブBTCがrenBTCにラップされ、その後Curveの低スリッページの流動性プールを使用し即座にWBTCに変換されます。エンドユーザはこの動きを意識する必要はありません。

f:id:CoffeeTimes:20200620134327p:plain

以前まで、承認された機関がBitGoを介してのみBTC⇛WBTCに変換することができました。最近はCoinListも同様のサービスを開始しましたが、それでもKYCや第三者機関が必要なのには変わりませんでした。今回のWBTC Cafeは、KYCや第三者機関を経由する必要がなく、WBTCをサポートしているMaker、Compound、AaveなどにBTCから参加できるという点で、EthereumやWBTCにとって大きなステップです。

 

3.https://compound.finance/governance/leaderboard

CompoundがユーザへのCOMPトークン配布を開始しました。Compoundへ預けたユーザ、借りたユーザに均等に配布されます。

配布開始の直後に、UniswapでCOMP-ETHペアの取り扱いが始まりました。1COMP=$80ほどで取引されていましたが、流動性は当然ひくく供給側(売る側)もいないというのもあり、価格はあがり続けました。また4日後にCoinbaseでの上場が発表され、1COMP = $200 を超える状態にもなり、時価総額はMakerDAOを超えました。

Compoundの2つの資金調達ラウンド(シードで$ 8.2 million、シリーズAで $25 million)から考えると高い感じがあります。今後価格が急落しユーザにとってCompoundを使う動機が弱まり、借り手も貸し手も少なくなるという状況も想定しておくと良いと思います。

 

4.Polychain Capital, Square Crypto’s Steve Lee Invest in Bitcoin Broker’s $5.7M Seed Round

ビットコインのブローカー企業River Financialは、Slow Ventures、Castle Island Ventures、DG Lab Fund、Cygni、Pfeffer Capital、IDEO CoLab Venturesなどから、$5.7 millionドルを調達しました。

他のクリプトブローカーとは異なり、ビットコインに特化しています。また富裕層の顧客にもサービスを提供していて、口座開設をサポートするための電話サービスなど、おもてなしサービスを提供しています。

多くのブローカーが一般投資家に目を向けていますが、富裕層の個人むけに絞っている企業はあまりありません。River がそのニッチをとりにいっていて、Riverの顧客の2分3は高齢者層だそうです。最近になって顧客数が倍増している点も面白いです。

 

5.Codefi Twitter

ConsenSysのDeFiプロダクトであるCodefiが、ETH 2.0のプロフェッショナルバリデータの提供を発表しました。ステーキングサービスに参入ということになります。このサービスは、取引所、カストディ企業などが、自社でインフラを構築することなく、ETH 2.0のステーキング報酬を彼らの顧客に提供することができます。Binance、Huobi、Crypto.com、DARMA Capita、Trustology、Matrixportなどが、テストに参加すると表明しています。

取引所ベースのステーキングサービスは、32ETHの最低必要ステーク量やロックアップ期間などの障壁をさげることができます。この最低必要量は、多くなる可能性もありますし、取引所のステーキングが増えると集権化が高まる懸念もあります。

しかし、より収益性の高い製品を発売しようとしているConsenSysにとって、納得のできる立ち回り方で、利益率の高いサービスになる可能性があります。

 

6.https://blog.helium.com/the-peoples-network-a-year-in-the-making-6668ab542502

トークンを使ってIoT用の省エネのネットワークを作ろうとしている Heliumチームが、主製品であるホットスポットとは別に「Helium Tabs」をリリースしました。

Tabsは、位置情報を利用して失くしたものを見つけることができるデバイスで、使っている方もいるかもしれませんが Tileに似ています。Heliumネットワークを使い、BluetoothやWiFiなしで実現できる点が Tileなどより良い可能性があります。

当面の間 Tabsは、Heliumホットスポットの所有者のみが利用可能となっています。

もちろん、そもそもHeliumネットワークがカバーできるエリアを十分に広げる必要があります。Heliumについては、1年前のメルマガ 2019年7月8日号で説明をしていますが、Multicoin, USVなどから$15millionを調達していて、中でもUSVは、以下の写真のようなホットスポット大量に購入しNYCでカバレッジを拡大しています。

 似たような例として、PlaceholderVCが、Heliumの競合であるFOAMトークンを大量に購入(投資)しステーキングしています。こちらは機械ではなくトークンですが、似たようにNYCでのカバレッジを広げています。FOAMはしばらく進捗が公表されていなかったものの、先週ハードウェア第1号がNYCに設置されました。

またハードウェアに加えて、Cosmos上でブロックチェーンを作っています。

 

7.Bitcoin Miner Maker Ebang Estimates $2.5M Q1 Loss in US IPO Update

中国に拠点を置くビットコインマイニングメーカーのEbangは、修正F-1フォームを提出し、ナスダックへの上場を申請しました。IPOの開始価格は、1930万株の募集に対して、4.50~6.50ドルの間になると予想しているそうです。つまり、$86 - $125 millionドルの資金調達を目指しています。EbangのIPOが完了すると、米国ではCanaanに次いで2番目の上場マイニングメーカーになります。

 

8.https://blog.bancor.network/bancors-response-to-today-s-smart-contract-vulnerability-dc888c589fe4

自動マーケットメイカーの元祖である Bancor は新しいバージョンアップデートをしましたが、脆弱性がありました。このバグにより、攻撃者が5000万円以上のユーザー資金(ロックされている資金)を盗むことができてしまう状態にありましたが、コアチームがホワイトハック攻撃におこない、資金は保持されました。

過去にもBancorは$13.5 millionドル流出しています。最近のDeFiプロダクトやプロトコルの成長には目を見張るものがありますが、DeFi はまだ攻撃が定期的に起こる前提でいたほうが良いと思います。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#130 Bspeak! 2020年6月15日号 UMAの合成トークンETHBTCと初の清算

#129 Bspeak! 2020年6月8日号 TokenSetのソーシャルトレーダー/DeversiFi2.0のローンチ

#128 Bspeak! 2020年6月1日号 Libraのマネタイズ/プライムブローカーの競争激化

#127 Bspeak! 2020年5月25日号 BlockFiへの攻撃/Bakktのアップデート

#126 Bspeak! 2020年5月18日号 ETH2.0テストネットSchlesi / PoSの自主規制ガイドライン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号 Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

#119 Bspeak! 2020年3月30日号 Uniswapのマネタイズと持続可能性

#118 Bspeak! 2020年3月23日号 FireblocksのCompound統合で、大口がDeFiに流れるか?

#117 Bspeak! 2020年3月16日号 ブラックサースデー、MakerDAO 4億円損失/ 取引所INXのSTO

#116 Bspeak! 2020年3月9日号 DeFi攻撃と、フラッシュローンを簡単にするKollateral

#115 Bspeak! 2020年3月2日号 CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#114 Bspeak! 2020年2月24日号 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

以降もSubstackページからご覧ください。