Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号

■アートをトークン化してOpenSeaで販売する

OpenSeaのエンジニア Dan Viau氏と話したのですが、彼がOpenseaに載せているアートとOpenSeaの仕組みを簡単に書いてみたいと思います。OpenSeaとは、ブロックチェーン上のゲームアイテムやアートなど、NFTと呼ばれるトークンを売買できるマーケットプレイスです。 Dan は、自分のアートではなく、サポートしているアーティストの絵をデジタル化してNFTとして販売しています。

このアーティストは e9Art (Eric) という絵描きで、eBayで9000個もの絵がすでに売れているそうです。

Eric は色を識別できず、50歳になってから絵かきを始めたにも関わらず、絵を書くことに生きがいを感じて、起きている時間は常に絵を書いているそうです。その活動に感銘を受けたOpenSeaのDanが、トークン化をサポートして売り出しているという流れです。

OpenSea上でのトークン化のプロセスはどのようなものかについてですが、例えば5つの現物の絵がある場合、e9Art用のコントラクトに5つの異なるオプションIDを作ります。そしてそれぞれのオプションIDに対して、5つの売り注文を作成します。例えば、0.005 ETH、0.025 ETH、0.125 ETH、0.275 ETH、0.575 ETHなどとします。

その後、買い手がe9Artのコントラクトから購入すると、e9Artの「NFTコントラクト」がNFTを発行し、価格は次に設定された価格になります。

OpenSea上のe9Art はこれまでに、5.9 ETHの取引量でまだまだeBayのそれには届きませんが、今後デジタルなものが将来より売買されていくかもしれません。

f:id:CoffeeTimes:20200510203747p:plain

 

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

1.Bittrex Global on Twitter

取引所 Bittrex が、来月にも取引所トークンをリリースするとツイートで発表しました。現時点では、すべての米国人が利用できないという事実以外は不明です。

取引所トークンは株式ではありませんが、売上の一部をトークンをバーンし、供給量を減らし希少にする設計にしているものがほとんどです。LEO等、ものによっては市場から買い増すモデルもあり、「自社株買い」のような権利を持ちます。

直近のBinanceの例では、第1四半期で $52 million ドルがバーンされて、流通量から除外されています。

今回のBittrexもトークンバーンを含む可能性が高いと思います。トークンの導入により料金体系やビジネスモデルが大きく変わるかと思いますが、これらをうまく使いこなしているのがFTXで、最近は抜き出て強いです。

 

2.https://www.rand.org/pubs/research_reports/RR4418.html

調査機関 RAND が、Zcashの違法利用に関する調査結果を発表しました。Zcashのプライバシーは開発が日々されて強化されているわけですが、そのプライバシー機能をもとに、「マネーロンダリングやテロリストの資金調達、またはその他の違法な取引に多く使用されているわけではない」ということがこの調査結果でわかりました。

むしろそれらの取引では、Bitcoinが主に利用されていることがわかっています。理由としては、Bitcoinのブランド力の高さなのか、Zcashの匿名性に対する疑問なのかはわかりません。

いずれにしてもZcash上のプライバシー機能を使った取引(シールド・トランザクション)は増加していますが、ただプライバシーを守る目的で使われている可能性が高いと言えます。

 

3.Libra.org

Libra協会は、Stuart Levey氏が『最初のCEO』に就任したことを発表しました。Libraのプレスリリースを読むと、Levey氏は HSBC の最高法務責任者を務めている人物です。HSBCの前は、ブッシュ政権とオバマ政権の時代に、テロリズム金融情報局の初代財務次官を務めていました。最近、計画の見直しがあり v.2 のホワイトペーパーを公開したLibraですが、いよいよ2020年後半のローンチに向けて、体制が整ってきているようです。法務バックグラウンドのCEOということで、Libraが規制遵守を重視していることがわかります。

 

4.NEAR Protocol raises $21.6M from A16Z and launches its MainNet, beating Ethereum 2.0

NEARのメインネットローンチの計画が先週発表されましたが、今週は、a16zなどから $21.6 million を調達しました。プライベートのトークン販売です。

今後数ヶ月以内にPoA(予めバリデータが決まっている形態)から始まり、PoS チェーンにするための開発資金と、エコシステム(ツールやアプリなど)を大きくするためのグラントなどの資金に使われる予定です。

f:id:CoffeeTimes:20200510013709p:plain

先週のメルマガで書いたように、a16z は2つ目のクリプトファンドを$515millionで組成したばかりです。NEARへの投資によってわかるのは、この新ファンドも依然としてEthereumの競争相手(通称Ethereumキラー)となりうる投資先に目を向けていることがわかります。他のスマートコントラクトプラットフォームとしてはすでに、AVA、Celo、DapperのFlow、Dfinity、Oasis などに投資しています。

 

5.Ethereum 2.0 | BitMEX Blog

BitMEX Researchによる Ethereum2.0の詳細なレポートです。まず「大量のETHがビーコンチェーンにロックされればETHの価格が上がる可能性がある」としています。その上で、「しかし、問題はEthereum 2.0が長期的な価値を牽引するかどうかであり、持続可能な需要がある必要がある」と書いています。

結論部分としては、

「多くの committee、シャード、投票タイプがあるため、どこかがうまくいかず、さらなる大幅な遅延が発生する可能性が高いと思われます。しかし、これらの潜在的な問題にもかかわらず、Ethereum 2.0は試してみる価値があり、成功すれば、潜在的に得られるもの(報酬)は大きい」

としています。

 

6.Telegram Withdraws Offer to Repay Investors With Gram Tokens

TelegramのGramトークン配布の件ですが、米国の投資家は初期投資額の72%の払い戻しが必須になったようです。

先週書いた「投資家の投資をローンに変換することで、初期投資の110%を得ることができる」という選択肢を米国拠点の場合は選ぶことができません。

今後の運営についてTelegramは、「株式売却によって現金を調達する可能性がある」と伝えています。評価額について合意は明らかになっていませんが、ロシアのニュース記事 The Bell では、$4 ~ 10 billion になると予想されています。

 

7.Investor Relations

Squareは、2020年第1四半期の収益で、360 million ドルのビットコイン出来高(購入のみ)を報告しました。過去最高のビットコイン購入額です。この出来高で $7 millionドルの粗利を得ています。

以下は Messariがまとめているグラフですが、Squareはクリプトフレンドリーな金融機関の代表格になっていて、Bitcoinへの新たな資金流入の入り口の役割を果たしています。

f:id:CoffeeTimes:20200510014025p:plain

 

8.Synthetix Exchange meets the OVM - Ethereum Optimism Blog - Medium

Synthetixと研究グループのOptimismが提携して、Ethereumのスケーリング技術のデモを開始しました。レイヤー2の解決策と言われているもので、オンチェーン(レイヤー1)の計算の一部を、オフチェーンで実施する技術です。このテストに関連してSyntheix Exchange上でトレーディング・コンテストが行われています。

上記で、NEARの資金調達の話を書きましたが、Ethereum上でこれらのスケーリング技術が実用化されると、他のスマコンプラットフォームよりもエコシステム(インフラやツールやアプリ)で先行しているEthereumにかなり部があります。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

#119 Bspeak! 2020年3月30日号 Uniswapのマネタイズと持続可能性

#118 Bspeak! 2020年3月23日号 FireblocksのCompound統合で、大口がDeFiに流れるか?

#117 Bspeak! 2020年3月16日号 ブラックサースデー、MakerDAO 4億円損失/ 取引所INXのSTO

#116 Bspeak! 2020年3月9日号 DeFi攻撃と、フラッシュローンを簡単にするKollateral

#115 Bspeak! 2020年3月2日号 CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#114 Bspeak! 2020年2月24日号 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

以降もSubstackページからご覧ください。