UMAの合成トークンETHBTCと初の清算

#130 Bspeak! 2020年6月15日号

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

 

1.Unstoppable Domains launches blockchain-based decentralized blogging service

クリプトスタートアップの Unstoppable Domains が、「.crypto」というドメインを対象とした分散型ブログサービス「dBlog」を開始しました。ユーザデータは3Boxを使用して保存され、dBlogはIPFS(InterPlanetary File System)上でホストされています。

各.cryptoドメインは、ウォレットアドレスの代わりになるので、ウェブサイトに暗号通貨の支払いも行うことができます。

私が今つくっているWebshake(β版を出すタイミングで詳しく書く予定です)もP2Pドメイン構造を普及させることを第一の目的としています。今回のdBlogも分散ドメインシステムによって、攻撃を防いだりICANNのような集権組織に没収されないサイトのホストが可能になります。

2.UMA Protocol

UMAのスマートコントラクトによって、初の清算が論争なく行われたという件です。これだけだと良くわからないと思うので、少し書いていきます。

2週間前に、UMAチームが、プライスレス合成トークン(オンチェーン価格フィードを必要としないトークン)を発行しました。ETHBTCという名前でメインネットで稼働し、UniswapでDAIを担保にして手に入れることができます。

f:id:CoffeeTimes:20200614094615p:plain

合成トークン、または合成資産とは、「参照する資産に価格連動する」と考えると分かりやすいと思います。この価格参照のときにオンチェーンのオラクル利用を最小限に抑えたのがUMAの功績です。オンチェーンのプライスフィードに依存することで、DeFiではいろいろと攻撃がありましたが、それを防ぐことができるからです。

今回のETHBTCトークンはその名の通り、ETH:BTCの価格比をトラッキングして、ETHがBTCを上回った場合、トークンの価値は上昇し、ETHが下回った場合、トークンの価値が下がるというトークンです。満期は2020年8月1日までとなっていて、この期間をすぎると自動的に清算されます。また期間中もコントラクトには120%の担保率が必要で、下回ると精算されます(ETHBTCトークンが、残りの担保に強制的に変換されます)。

UMAのモデルは、誰でも担保不足のポジションを清算することができ、「違うのに精算された」と論争になったときのみオラクルを必要とし、ホルダーの投票が行われます。

そしてそのETHBTCが今週、初の清算が、何の論争もなく行われた、というわけです。今後も検証が必要ではありますが、まずは設計通りワークしたということで、今後より多くの合成資産(ETHやBTCだけに限らないあらゆる暗号通貨や株式やモノを対象とした合成資産)がUMAを利用して生まれてくると思います。

 

3.https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-06-08/ethereum-co-founder-s-firm-starts-compliance-service-for-tokens?utm_campaign=Codefi&utm_content=131177621&utm_medium=social&utm_source=twitter&hss_channel=tw-3129477561&sref=MpxL56qR

ConsenSysが、DeFiのコンプライアンスに関連した製品を開発しているという、Bloombergの記事です。Twitterをみていると、そんなのはDeFiじゃないだろうと声が当然ありますが、ConsenSysとしては、「個人を特定できる情報を取得しない KYC ならぬ KYT(know your transaction)によって AML/CFT チェックをし、マネーロンダリングやテロの資金調達を防止するのを支援する」と反論しています。どのようなものになるかまだわかっていませんが、DeFi製品のアクティビティが可視化されるようなツールかと思います。

 

4.https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-06-10/novogratz-s-galaxy-bakkt-start-white-glove-bitcoin-service?

Galaxy DigitalとBakktは、ビットコインを購入して保存するために探している大規模な資産運用会社のためのサービスを提供するために提携しました。機関投資家のクライアントは、どちらかの企業と契約をすることで、両方の企業のサービスを受けることができるということになります。

ここ最近一貫した暗号通貨サービスを揃えようという動きが増えています。messariでは以下のような表が作成されていますが、どういうところが空いているのか見やすくなっています。

f:id:CoffeeTimes:20200614093841p:plain

5.EOS Twitter

EOSのソーシャルメディア Voice は、7月4日に登録ユーザーに公開される予定になっています。この時点では政府発行ではないID(いわゆるdID)のプロジェクトのiOSアプリが予定されています。ソーシャルメディアの課題は明確なため、大きなお金が投資されているVoiceがどのように解決していくのか、はたまたスケールせず十分に分散できないのか、注目しています。

 

6.Upvest secures €900k in funding from the IBB ProFit program to solve the transaction fee problem on Ethereum

ドイツ拠点のスタートアップUpvestは、Ethereumのガス料金の予測ツールを構築するために、約$1 millionを調達しました。この製品は、未承認のトランザクション数やマイナーの数などのオンチェーン情報を使って、最適なガス料金を推定するものです。

Ethereumのガスは特に最近はDeFiユーザ悩みでもあり、不必要な過払いをしたり、逆にガス代を下げすぎると待ち時間が異常に長い、という状況になっています。EIP1559などを含む、Ethereum手数料の刷新する提案がされていますが、短期的にはUpvestのようなツールが必要とされます。またUpvestの場合は、証券のトークン化という目的を達成するために必要なプロセスともいえます。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#129 Bspeak! 2020年6月8日号 TokenSetのソーシャルトレーダー/DeversiFi2.0のローンチ

#128 Bspeak! 2020年6月1日号 Libraのマネタイズ/プライムブローカーの競争激化

#127 Bspeak! 2020年5月25日号 BlockFiへの攻撃/Bakktのアップデート

#126 Bspeak! 2020年5月18日号 ETH2.0テストネットSchlesi / PoSの自主規制ガイドライン

#125 Bspeak! 2020年5月11日号 Ethereumキラーの競争/Bittrexの取引所トークン

#124 Bspeak! 2020年5月4日号 ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

#119 Bspeak! 2020年3月30日号 Uniswapのマネタイズと持続可能性

#118 Bspeak! 2020年3月23日号 FireblocksのCompound統合で、大口がDeFiに流れるか?

#117 Bspeak! 2020年3月16日号 ブラックサースデー、MakerDAO 4億円損失/ 取引所INXのSTO

#116 Bspeak! 2020年3月9日号 DeFi攻撃と、フラッシュローンを簡単にするKollateral

#115 Bspeak! 2020年3月2日号 CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#114 Bspeak! 2020年2月24日号 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

以降もSubstackページからご覧ください。