ETHステーキングでKEEP報酬/UMAのInitial Uniswap Offereingの結果

#124 Bspeak! 2020年5月4日号

Microsponsors と 0x で新しいマネタイズ

こちらで説明したMicrosponsorsですが、0xを使った新しいマネタイズ方法を準備しています。

簡単にいえばスマートコントラクトを使ったアフィリエイトです。自分のオークションの「シェアリンク」の部分を押すと、リンクが生成され、自分のMicrosponsorsアカウントと紐付きます。そのリンクを友達に共有し、その友達がMicrosponsorsに登録すると、自分が友人を紹介したということがEthereum上のMicrosponsors Registy に記録されます。

以降はその友人がオークションに参加して支払いをしたり、支払いを受けたりすると、直接自分のウォレットに一部の手数料がスマートコントラクトによって送られるることになるようです。

この紹介機能は、0xが「スマートコントラクトに手数料を分割して複数のアドレスに送る」という機能を実装するのを待っている段階で、実装されればすでに登録した人にトランザクションの度に報酬が配布されていきます。

この使い方は 0x の柔軟な点をよく表していて、こういったNFTやトークン化による新しいマネタイズ方法が出てくると、さらにバックエンドで使われるようになると期待をしています。

 

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

1.Crypto Fund II - Andreessen Horowitz

ベンチャーキャピタル大手の a16z のクリプトファンド 『a16z crypto』が、$515 million ドルで、第2号ファンドを調達・組成しました。資金はネイティブトークンと企業株式の両方に投資される予定で、投資カテゴリとしては、

  • ペイメント

  • SoV(価値保存の手法)

  • DeFi

  • クリエイターの新しいマネタイズ手法

  • Web3.0

の5つをあげています。これまでのa16zの投資額の合計と、今の暗号通貨全体の時価総額を考えると、a16z が今後も大きな影響力を持ち続けることになりそうです。

 

2.Figment's First Look: Keep Network | Figment Networks

Keepネットワークが、Keepトークンとステーキングのコントラクトのローンチしました。これにより、初期の投資家は、KEEPトークンを手に入れて、メインネットでのステーキングができるようになりました。またCoinbase CustodyとAnchorageが、KEEPのステークキングをサポートするそうです。

Keepはその後、Summaと共同開発の『tBTC』(Ethereum上のBTCトークン)を5月11日にローンチする予定です。

今は初期投資家しかトークンを動かしてステーキングすることはできませんが、6月8日に stakedrop を開始予定です。これは今後約6ヶ月の間、ETHをステーキング(ロック)し、KEEPトークンを獲得することができるイベントです。この報酬にはトークン供給量全体の18%を割り当てられています。

要はネットワーク初速度をあげるための割当分で、この分が配布し終わるまでは、ETHをロックすればKEEPが配布され、またtBTCの手数料分も得ることができます。

Ethereum上で、BTCトークンを実現するプロジェクトは多くあり、tBTCについても書いていますが、BTC→tBTCへの変換が簡単で、かつ担保資金を管理するために単一のカストディアンに依存しないことを tBTCは目指して開発されてきました。

またtBTCに関連したところでいうと、MakerDAOコミュニティがETH/BTCのプライスフィードを作成し、tBTCをホワイトリスト化する投票を可決しました。ちょうどwBTCもDAIの担保として利用できるように決まったところですが、tBTCも担保になる可能性が高いと思います。

 

3.Checkout.com joins the Libra association

オンライン決済サービスの Checkout.com がLibra Association に加盟することを発表しました。Checkout は 現在シリーズA調達したスタートアップで、これまでに$230 millionドルを調達しています。また先週、非営利団体のHeifer International が加盟しました。Whitepaperも新しくなりましたが、脱退や新加盟で当初と大きくメンバーも入れ替わりました。ちなみにLibraのビジョンが受け入れられるのであれば、Celoというプロジェクトも有望視しています。そんなCeloはCoinListでのトークンセールが今週始まる予定です。

 

4.Telegram Caves to US Regulators: Delays Blockchain Launch, Offers to Return $1.2B to Investors

SECによってTelegramはGRAMトークンのローンチを停止していましたが、結局さらに1年間遅らせて、2021年4月まで延期することを決定しました。この延期により、トークンセールに参加した投資家は、初期購入額の最大で72%まで取り戻すことができるようになります。合計は $1.2B (1,200 million)ドルにもなります。

しかしTelegramは「投資家がこの資金をプロジェクトに貸し出し、その代わりに当初の投資額の10%多く受け取ることができる」という別の選択肢も計画しているそうです。恐らくGRAMトークンの受け取りとなりますが、当局との折り合いがつかない場合は、Telegramの株式と交換する権利という可能性も示唆されています。

関連して TechCrunch の記事に数字が出ていますが、Telegramの月間アクティブユーザー数は4億人に達したそうです。さらに創業者のPavel Durovが株式の100%を保有しているので、上記のようなオファーは投資家にとっては魅力的に映るかもしれません。

CoinDeskの記事でも、多くの投資家はトークンの割り当てをTelegramの株式に変換してほしいと考えているようです。

いずれにしても、結果だけ見ればTelegramの当初計画は失敗に終わり、以前書いたように他のSAFT実施のプロジェクトにも大きく波及していくと思います。

 

5.Anchorage to Support Celo Launch as a Preferred Custody Provider

最大手のカストディアンの1つであるAnchorageは、Compoundのガバナンストークン(COMP)とTrustToken(TRU)をサポートすることを明らかにしました。

カストディのサービスは競争が激化していて、単に預かりの資産種類を増やすだけでなく、ガバナンスやステーキングなど、トークン保有者がネットワークに参加する手段を提供することが期待されています。

 

6.Uniswap sees its first major token distribution with Universal Market Access listing

UMAプロトコルのトークン($UMA)がUniswapにリスティングされました。個人的には1年以上注目をしてきたプロジェクトなだけに、シード投資家と同じ価格で参加できる点はとても魅力的だったのですが、結局Botによって大きく買われ、一瞬で初期価格0.26ドル→2ドルとなりました。

今回チームがUniswapに提供したのは、総発行量のうちの一部で、残りは他の方法で配布していくとしています。他の配布方法が明かされていない中で公募するのは、正しい価格発見ができるわけがない、買い煽りでしかない、といろいろな議論が起きていますが、残りの配布についてはこちらに草案があり、フィードバックが募られています。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#123 Bspeak! 2020年4月27日号 スマートコントラクトで10倍レバレッジのデリバティブを実現するdYdX / Coinbaseが提供するオラクル

#122 Bspeak! 2020年4月20日号 Opynプットオプションの使い方/ Binanceスマートチェーン発表/ Microsponsorsをつかった商取引(Part2)

#121 Bspeak! 2020年4月13日号 Microsponsorsを使った商取引(Part1) / シカゴDeFiアライアンス

#120 Bspeak! 2020年4月6日号 Makerの分散化に向けた最終ステップ

#119 Bspeak! 2020年3月30日号 Uniswapのマネタイズと持続可能性

#118 Bspeak! 2020年3月23日号 FireblocksのCompound統合で、大口がDeFiに流れるか?

#117 Bspeak! 2020年3月16日号 ブラックサースデー、MakerDAO 4億円損失/ 取引所INXのSTO

#116 Bspeak! 2020年3月9日号 DeFi攻撃と、フラッシュローンを簡単にするKollateral

#115 Bspeak! 2020年3月2日号 CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#114 Bspeak! 2020年2月24日号 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

以降もSubstackページからご覧ください。