CompoundのガバナンストークンはDeFiシステムの標準を目指す

#115 Bspeak! 2020年3月2日

■Last Week in Crypto(先週のニュース)

主に海外の記事や英語の論文について触れます。

 

1.https://medium.com/pooltogether/tokenizing-tickets-f21904389c0d

損失なし宝くじのPoolTogetherですが、あたりくじのチケットをplDAI, plUSDとしてトークン化しました。当たったチケットの所有権を表し、トークンなのでウォレットに保存したり他のユーザーに転送できます。

 

2.Compound Governance

DeFiで最も広く使われているとも言えるCompoundが、ERC20のガバナンストークン “COMP” を作成することを発表しました。

ERC20としての基本に機能に加えて、アドレスを指定して投票権を委任できます。なのでアプリとかDeFiに詳しい人など他のユーザに委任し、委任された側(委任を受けたアドレス)はCOMPをもっていなくても投票することができます。また過去の投票履歴を重み付けすることもでき、より複雑な投票システムできるようになります。

Compoundチームは、このようなガバナンストークンがプロトコルアップデートの標準となるように、EIP提案を書いて、Ethereumにマージする提案をする予定になっています。

f:id:CoffeeTimes:20200301114346p:plain

ガバナンスのプロセスは、プログラムの変更を実行する場合や、その他の提案に対して、コアチームの一存では決まらず投票が必要になり、可決したときにのみ実行されます。Maker, 0x, Aragon, Kyberなどがすでにやっていることですが、それを委任を楽にしたり、オンチェーンの度合いを高めたり、柔軟性(複雑性)を高めようとしています。すでにCOMPとガバナンス用のコードOpenZeppelinにコード監査がされています。

COMPトークンは他のトークンと違って、資金調達には使われず既存のステークホルダーに配られますが、大半はリザーブされ、将来はユーザに徐々に配布させていくようです。Compoundコアチームの資金はすでにVCから調達していますから、アドミン権限をもった人間が狙われたり等、とにかくプロトコルにとっての単一障害点をなくしたいという狙いでしょう。またもしかしたら他のトークンと同じように、今後手数料の一部をトークン保有者に配布したり、公開市場で買い戻し&バーンなどというモデルになる可能性もあるかもしれません。

 

3.Loopring Launches zkRollup Exchange: Loopring.io

DEXプロトコルのLoopringが、Ethereumメインネット上で Loopring Exchangeをローンチしました。これは、zkRollup というスケーリング技術を使った初の取引所となります。この取引所はノンカストディアル、つまり預ける必要はなくウォレットから取引ができます。記事によると、他のDEXと比べて1000倍高いスループットで、600倍安い決済コストで、取引が可能です。とはいってもまだベータ版なので、UXは理想とは程遠いとしています。

まずは、4つのトークンペア ETH-DAI, ETH-USDT, DAI-USDT, LRC-ETH で開始がされますが、ガイドラインに基づいてリクエストを募集しています。

 

4.Send crypto more easily with Coinbase Wallet

Coinbase Wallet が ENS (例 coffee.eth)のアドレスをサポートしました。Coinbase Wallet のユーザ名もサポートされ始めました。これでかなり暗号通貨の利用が簡単になるので、私がCoinbaseチームであれば、USDCの収益の一部(変換手数料と担保資産の運用益)をUSDC保有者に一部還元する仕組みにし、CoinbaseウォレットとUSDCを一気に非クリプト層にもリーチを広げると思います。

https://miro.medium.com/max/800/1*3vrgEuMj0JahmZxUcclYIQ.gif

 

5.Major Milestone Achieved: Polkadot and Chainlink Integration Using Substrate

ChainLinkは、Substrateベースのブロックチェーンとの統合を完了し、Polkadotネットワークの価格オラクル提供をサポートすることを発表しました。※Substrateは、Polkadot上のチェーンを作るためのフレームワークです。

今回の件でSubstrate(Polkadot)は、ChainLinkがEthereum以外でサポートする初のチェーンとなりました。今後、Ethereum上の主要なプロトコルが同様にPolkadot上での機能をサポートする努力をしていく可能性が高いです。

 

6.Startup Tokenizes $2.2B in Commercial Real Estate Through Polymath

不動産マーケットプレイス Red Swan は、Polymathを通じて$2.2 Billion ドル相当の商業用不動産をトークン化したと発表しました。Texas, NY, California, Ontario(Canada)などにあるクラスAの不動産16つをトークン化して販売予定で、現在は $780 million ドル分を先行販売で募集しています(適格投資家のみ)。

f:id:CoffeeTimes:20200301114821p:plain

現在Polymathのプラットフォームとセキュリティトークン標準を使用してトークンを作成および発行しているため、Polymathのトーク​​ンであるPOLYは30%以上上昇しました。Polymathは現在 Ethereum上のプラットフォームですが、Substrateを使って「Polymesh」という新しいチェーンを作っていて、移行予定になっています。

 

7.BTSE to Launch Liquid Network-Powered Token Sale in March

ドバイ拠点の取引所 BTSEは3月5日に取引所トークンのセールを開始すると発表しました。BTSEは、BitcoinのサイドチェーンLiquidで動く最初の取引所トークンになります。目標は $20 millionドルになっています。

 

8.CaitlinLong_/status/1231958552790482950

ウォール街出身で、ワイオミング州でブロックチェーンの法律を推進していたCaitlin Long氏が、「Avanti Bank」を発表しました。デジタル資産の保管、支払いなど一括で提供する銀行機関のようで、Blockstreamがソフトウェアとハ​​ードウェアを提供する技術パートナーになっています。Avantiは銀行ライセンスを申請していますが、普通の銀行と違い、預金を貸し出さず100%を準備金として持ちます。すでに $1 million をシードラウンドで調達していて、2021年にローンチする予定になっています。

 

9.The Riksbank to test technical solution for the e-krona

スウェーデンの中央銀行である Sveriges Riksbank は、デジタル通貨e-krona(eクローナ)のテストを開始したとプレスリリースで発表しました。
ユーザーがモバイルアプリを使って、支払いや入金/出金できるようにするという基本的な機能のテストで、最初に銀行などの参加者にe-kronaを発行し、次に一般ユーザに配布する2段階の予定です。R3のCordaを使用したパイロットプロジェクトで、コンサルティング大手のAccentureが協力しています。Libraが発表されて以降、一気に中央銀行のデジタル通貨(CBDC)プロジェクトが増えてきています。


以下の『Subscribe 』を押すと毎週月曜6:30に届きます。ご登録ください☕

是非シェアお願いします🎉

Share

☕バックナンバー

#114 Bspeak! 2020年2月24日 Binanceクラウドは主な収益源になるのか?

#113 Bspeak! 2020年2月17日 SKALEがActivate上でローンチ発表 / MetaCoinとDAIの違い/DeFiのオプション市場

#112 Bspeak! 2020年2月10日 Handshakeのオークション開始

#111 Bspeak! 2020年2月3日 0xAPIで何ができるか/スイスでブロックチェーンIPO

#110 Bspeak! 2020年1月27日 Tetherが金トークンを開始/ArweaveによるDAOの開始

#109 Bspeak! 2020年1月20日 クリプトアイテムの交換はより簡単になる/アプリ成功の3ステップ/ 等

#108 Bspeak! 2020年1月13日 NBA契約のトークン化がローンチ予定

#107 Bspeak! 2020年1月6日 EthereumのMuir Glacierハードフォーク

#106 Bspeak! 2019年12月30日号 ETH 1.x は ETH2.0の一部となるのか/ Bakktは2020年何を目指すか

#105 Bspeak! 2019年12月23日号ノード・インフラビジネスの激化/適格投資家の定義の変更

#104 Bspeak! 2019年12月16日号 Voiceの収益方法/Filecoinの仕組み

#103 Bspeak! 2019年12月9日号 PoSはオンチェーンのレンディングによって壊れるのか

#102 Bspeak! 2019年12月2日号 StakeDAOによってステーキングはどうなるか/Paxfulが出来高増えている理由

#101 Bspeak! 2019年11月25日号 GeminiによるNifty買収でできること/Oasisテストネット

#100 Bspeak! 2019年11月18日号ENSオークションで一番高値をつけたのはAmazon.eth

#99 Bspeak! 2019年11月11日号 EthereumマーケティングDAO/Nervosトークンセール$72m調達

#98 Bspeak! 2019年11月4日号 デジタルユーロ/Bitcoin北京オフィス/ビットコイン11年

#97 Bspeak! 2019年10月28日号 ステーブルコインリスク/Compound V2.2/Aave/Bakkt出来高増

#96 Bspeak! 2019年10月21日号 風力発電マイニング/ ETH2.0でどうなるか /Binance 125x

#95 Bspeak! 2019年10月14日号 OpenLibra/Unipig/マルチコラテラルDAI

#94 Bspeak! 2019年10月7日号 暗号通貨を評価するCrypto Ratings Council/BraveのVPN0

#93 Bspeak! 2019年9月30日号Bakktローンチ/Binanceステーキングサービス

#92 Bspeak! 2019年9月23日号 2100アルファ版/Binanceと中国市場

#91 Bspeak! 2019年9月16日号 投資機会を広げるUMA Token Builder/DeFiのインデックス

#90 Bspeak! 2019年9月9日号 営利団体DAO「TheLAO」/PoolTogether v2.0

#89 Bseapk! 2019年9月2日号 Compoundのコード監査結果公開/Finmaがガイドラインを発表

#88 Bspeak! 2019年8月26日号 INXセールはSEC承認された初のERC20

#87 Bspeak! 2019年8月19日号 Ethereum上でBTCを使う/チャリティに使えるrDAI/Coinbase CustodyがXapo買収

#86 Bspeak! 2019年8月12日号 暗号通貨の給与/tZERO/半減期までの予想時間

#85 Bspeak! 2019年8月5日号 NBAのトークン/Cheeze Wizards/Tether on Liquid/dAppsマネタイズ提案

#84 Bspeak! 2019年7月29日号EIP2025の議論/NFTゲーム分析/Elkクラウドファンディング等

#83 Bspeak! 2019年7月22日号0x の脆弱性/ TokenSetの戦略/ スマコン保険のローンチ

#82 Bspeak! 2019年7月15日号 SECに承認された BlockstackのICO

___________________________________
Bspeak!クリプトメルマガ
・サイト:http://coffeetimes.hatenadiary.jp
・Q&A、依頼:thecoffeetimes871@gmail.com